<< Disc 7 : Paisley Park | main | Disc 9 : Get Wild >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Report by スポンサードリンク | - | -
Disc 8 : The Good Life


EXODUSからのシングルカット。
この時期はワーナーと争っていた時期でPrinceという名前は使わずThe ArtistとかTAFKAP
なんていう風に呼ばれていました。

NPG名義としては2作目になるEXODUSではTora Toraという名前で呼ばれていますが、インタヴューなどの記事をみると控えめな印象はなく誰が観ても″PRINCE”でした。

確か、このEXODUSは日本でのリリースがなく輸入盤でのみだったような気がします。
この時期にNPG Recordsを立ち上げたんじゃなかったでしょうか・・・

だから、この辺りのリリースはNPG Recordsなんだろうなと思っていたんですが、CDのジャケットにはシッカリとワーナーのマークが入ってました。
もしかして、コレも契約解消に向けたリリースの一つだったのかな?

The Good Lifeはリリースの種類も結構多くて、結構探すのが大変でした。

CDの方はThe Good LifeのRemixだけのものとGet Wildとアルバム未収録のFree The Musicを収録した2種類を基本に収録曲数で変化をつけたものがありました。



Free The Musicは未収録とはいっても、アルバムサンプラー的な曲で、以前にも似たような曲で"2 Whom It May Concern"と作りはよく似ています。(音は違いますが)



また、同じ曲なのにリリース時期が違ったりしているのも面白いですね。
ドイツ、オーストラリア、UK,USとリリースされた国(生産国)も結構あります。  

Report by nutty | comments(4) | -
スポンサーサイト
Report by スポンサードリンク | - | -

コメント

コメ感謝です〜
他のリリース国はNPG Recordsなのにオーストラリア盤は変わったレーベル名ですよね。

PRINCE関連ってドイツリリースが多いですよね。
オーストラリアとか珍しいアイテムなんじゃないですか?
Comment by nutty @ 2010/05/04 12:48 PM
ドイツ盤か!あんまりこのリリースは真剣に追っかけてませんでした。
12インチはいくつか漏れがあるかも。
CDシングルは地味に会社も異なるオーストラリア盤がお気に入りです。
Comment by ひろあつ @ 2010/05/03 10:30 PM
コメ感謝です〜
そうそう、edelって書いてありますね。
確か、ワーナー系列のベルマークとかいう所の版権だったかが切れるとかに合わせて名前を戻したんですよね?

Get Wildの12inchは面白いですね。
集めるばかりでなくいい加減プレイヤーを買わなくては…f^∀^;
Comment by nutty @ 2010/05/03 10:00 PM
そうなのですよね。私のはカナダ製プロモ盤でGet WildとFree The Musicが収録してあるモノで、ワーナーのプロモなのです。アルバムはedelからの発売なのに・・・。ワーナーから出る予定だったのか?北米はワーナーから発売されたのか?全く判りませんが、聴く事ができたので○でございます。

Get Wildの12inchも”針がinからout仕様”になっていて面白いですね。機会があれば入手してみたいものです。

Comment by 又八郎 @ 2010/05/03 10:43 AM
コメントする









このページの先頭へ